運賃の仕組み


分割すると安くなる理由

ケース1:全般

表1:JR本州3社の幹線運賃
営業キロ運賃
1~3 キロ140 円
4~6 キロ190 円
7~10 キロ200 円
11~15 キロ240 円
16~20 キロ320 円
21~25 キロ410 円
26~30 キロ500 円
31~35 キロ580 円

 上の表の「11~15キロ」と「26~30キロ」の運賃に注目してみてください。 「11~15キロ」の運賃は「240円」ですが、その倍の「26~30キロ」の運賃は「500円」です。 つまり、「11~15キロ」の区間の乗車券を2枚買えば「480円」で最大30キロ乗車することができる……というのが分割すると安くなる理由の1つです。 上記の区間に限らず、このようなケースは数多くあります。 もちろん、ちょうどよい距離間隔に駅がなければなりませんが、乗車券分割プログラムによって最適なポイントを見つけることができます。 (乗車券分割プログラムでは「きっぷの運賃」を出力しますので、IC運賃を確認する場合は比較表で照合してください。)

ケース2:特定区間

表2:特定区間との比較
営業キロ運賃
61~70 キロ1140 円
71~80 キロ1320 円
81~90 キロ1490 円
91~100 キロ1660 円
表3:特定区間の例
特定区間の例
「特定区間」岐阜 ⇒ 名古屋:  470 円(30.3キロ)
「特定区間」名古屋 ⇒ 岡崎:  620 円(40.1キロ)
分割合計: 1090 円(70.4キロ)
一括購入: 1320 円(70.4キロ)

 「岐阜 ⇒ 岡崎」のキロ数は70.4キロ(切り上げで71キロ)ですので、普通運賃は「1320円」です。 しかし「岐阜 ⇒ 名古屋」と「名古屋 ⇒ 岡崎」は、並行する他社路線に対抗するための「特定区間」とされており、運賃が割安です。 そのため、乗車券分割による効果が大きくなります。

ケース3:長距離運賃

表4:長距離運賃の比較
営業キロ運賃
681~720 キロ10150 円
721~760 キロ10480 円
761~800 キロ10800 円
801~840 キロ11120 円
表5:長距離運賃の分割例
長距離運賃の分割例
大垣 ⇒ 穂積:  200 円(  7.7キロ)
穂積 ⇒ 仙台市内: 10480 円(754.1キロ)
分割合計: 10680 円(761.8キロ)
一括購入: 10800 円(761.8キロ)

 「大垣 ⇒ 仙台」のキロ数は761.8キロ(切り上げで762キロ)で、普通運賃は「10800円」です。 長距離になれば賃率(=1キロあたりの運賃)が下がりますので、通常は分割するメリットが小さくなります。 ただし、距離区分のキロ幅が広がりますので、隣の運賃区分との差が大きくなります。 そのため、上記のような一駅だけの乗車券との組み合わせが有効となります。

ケース4:東京、大阪の電車特定区間

表6:幹線と電車特定区間(東京)の比較
営業キロ幹線東電特
11~15 キロ240 円220 円
16~20 キロ320 円310 円
21~25 キロ410 円390 円
26~30 キロ500 円470 円
31~35 キロ580 円550 円
表7:電車特定区間運賃との組み合わせ
電車特定区間運賃との組み合わせの例
熱海 ⇒ 大船:  970 円(58.1キロ)
大船 ⇒ 保土ヶ谷:  220 円(14.7キロ)
保土ヶ谷 ⇒ 蒲田:  310 円(17.4キロ)
分割合計: 1500 円(90.2キロ)
一括購入: 1660 円(90.2キロ)

 東京、及び大阪近辺には電車特定区間が設定されています。 電車特定区間内で完結する乗車券の運賃は、通常の幹線運賃より割安になります。 しかし、電車特定区間と通常の幹線区間をまたがる場合は、全区間が通常の幹線運賃として計算されますので割高になります。 そのため、電車特定区間内だけで完結するよう乗車券を分割することで、安くなるケースがあります。
 上記の例は、「熱海 ⇒ 蒲田」の乗車券ですが、そのうちの「大船 ⇒ 蒲田」が電車特定区間です。 大船で分割するだけでなく、更に保土ヶ谷で分割することで、より安くすることができます。 (なお上記は「きっぷの運賃」であり、JR東日本のIC運賃の場合は「大船 ⇒ 保土ヶ谷」が216円、「保土ヶ谷 ⇒ 蒲田」が302円となります。)

ケース5:特定都区市内

表8:特定都区市内の比較
運賃計算キロ運賃
201~220 キロ3670 円
221~240 キロ4000 円
241~260 キロ4430 円
261~280 キロ4750 円
表9:特定都区市内の活用例
特定都区市内の活用例
猪谷 ⇒ 名古屋市内: 4000 円(238.4キロ)
大高 ⇒ 西岡崎:  410 円( 23.5キロ)
分割合計:  4410 円(261.9キロ)
一括購入:  4750 円(274.3キロ)

 「猪谷 ⇒ 西岡崎」の運賃計算キロは274.3キロ(切り上げで275キロ)ですので、運賃は「4750円」です。 また「猪谷 ⇒ 名古屋」の運賃計算キロは238.4キロ(切り上げで239キロ)ですので、「4000円」です。 この名古屋までの乗車券は営業キロが200キロを超えており、かつ特定都区市内着になりますので、「名古屋市内」までの乗車券になります。 「猪谷 ⇒ 大高」は運賃計算キロが250.8キロ(切り上げで251キロ)ですが、大高は「名古屋市内」の範囲内ですので、上記の乗車券で行くことができます。 その結果、上記のような「猪谷 ⇒ 名古屋市内」、「大高 ⇒ 西岡崎」の乗車券分割が成立します。


賃率からの運賃計算

基本賃率

 運賃には基本賃率というものがあり、それに従って運賃が定められています。 ここでは、普通乗車券の運賃を賃率から計算して求めてみます。

表10:JR本州3社の幹線運賃の基本賃率
キロ数基本賃率
(第1地帯) 1~300 キロ16.2 円
(第2地帯)301~600 キロ12.85 円
(第3地帯)601 キロ~7.05 円
基本賃率の例外1~3キロの運賃:140 円
4~6キロの運賃:190 円
7~10キロの運賃:200 円

 賃率とは「1キロあたりの運賃」のことです。 名目上は「賃率 × キロ数 = 運賃」ですが、実際にはキロ数(営業キロ)に賃率をかけるだけの単純な計算では、運賃を求めることができません。

運賃計算

 それでは、どのように運賃を計算するのか、賃率を使用して実際に計算してみましょう。

運賃を計算する区間の営業キロを入力して「計算」ボタンを押してください。
下に計算手順と結果が表示されます。 キロ

この乗車券は キロ区間の乗車券になります。
その運賃は、上記キロ区間の平均値(整数) から求めることができます。
(基本賃率は300キロまでは16.2、301キロから600キロまでは12.85、601キロからは7.05です。)

16.2 × + 12.85 × + 7.05 × です。
この値の の位を ると になります。
そして消費税(8%)を加えると となり、
1の位を四捨五入(※)すると になります。
  円です。
この乗車券(片道)の有効期間は 日間です。
※ JR東日本のIC運賃の場合、最後の「1の位の四捨五入」を行わず「小数点以下の切り捨て」を行います。

注:JavaScriptが動作しない環境では結果が表示されません。

 「JR本州3社の幹線」以外でも、地方交通線や電車特定区間などそれぞれの基本賃率が定められておりますが、諸般の事情で様々な調整が行われているため、単純には計算できないことがあります。


きっぷの運賃とJR東日本のIC運賃

「IC運賃」の導入に伴う「きっぷの運賃」の値上げ

 平成26年4月1日、JR東日本ではIC運賃が導入され、消費税で生じた1円単位の端数を処理しない運賃体系となりました。 これに伴い、東京の電車特定区間(東京山手線内を含む)の「きっぷ(ICカードではない普通乗車券)」の運賃計算方法が変更されました。 具体的には、これまで「四捨五入」していたものを「切り上げ」するようになりました。 一方で、東京の電車特定区間以外の区間では、従来どおり「四捨五入」を行います。
 そのため、東京の電車特定区間では必ず「きっぷの運賃」の方が「IC運賃」より高くなるか同額となりますが、その他の区間では「きっぷの運賃」の方が「IC運賃」より安くなることがあります。

「きっぷの運賃」と「IC運賃」の計算比較表

表11:東京山手線内の運賃計算比較表
営業キロ税抜き運賃計算税抜き消費税IC運賃きっぷの運賃
1~3 キロ特例124 円9 円133 円140 円(切り上げ)
4~6 キロ特例143 円11 円154 円160 円(切り上げ)
7~10 キロ特例153 円12 円165 円170 円(切り上げ)
11~15 キロ13.25×13
(10円未満切り上げ)
180 円14 円194 円200 円(切り上げ)
16~20 キロ13.25×18
(10円未満切り上げ)
240 円19 円259 円260 円(切り上げ)
21~25 キロ13.25×23
(10円未満切り上げ)
310 円24 円334 円340 円(切り上げ)
26~30 キロ13.25×28
(10円未満切り上げ)
380 円30 円410 円410 円(切り上げ)
31~35 キロ13.25×33
(10円未満切り上げ)
440 円35 円475 円480 円(切り上げ)

 上記のとおり、東京山手線内のきっぷの運賃は、IC運賃を10円単位になるように切り上げたものとなります。 そのため「きっぷの運賃」の方が「IC運賃」より高くなるか同額となります。

表12:東京の電車特定区間の運賃計算比較表
営業キロ税抜き運賃計算税抜き消費税IC運賃きっぷの運賃
1~3 キロ特例124 円9 円133 円140 円(切り上げ)
4~6 キロ特例143 円11 円154 円160 円(切り上げ)
7~10 キロ特例153 円12 円165 円170 円(切り上げ)
11~15 キロ15.3×13
(10円未満切り上げ)
200 円16 円216 円220 円(切り上げ)
16~20 キロ15.3×18
(10円未満切り上げ)
280 円22 円302 円310 円(切り上げ)
21~25 キロ15.3×23
(10円未満切り上げ)
360 円28 円388 円390 円(切り上げ)
26~30 キロ15.3×28
(10円未満切り上げ)
430 円34 円464 円470 円(切り上げ)
31~35 キロ15.3×33
(10円未満切り上げ)
510 円40 円550 円550 円(切り上げ)
36~40 キロ15.3×38
(10円未満切り上げ)
590 円47 円637 円640 円(切り上げ)
41~45 キロ15.3×43
(10円未満切り上げ)
660 円52 円712 円720 円(切り上げ)
46~50 キロ15.3×48
(10円未満切り上げ)
740 円59 円799 円800 円(切り上げ)
51~60 キロ15.3×55
(10円未満切り上げ)
850 円68 円918 円920 円(切り上げ)
61~70 キロ15.3×65
(10円未満切り上げ)
1000 円80 円1080 円1080 円(切り上げ)
71~80 キロ15.3×75
(10円未満切り上げ)
1150 円92 円1242 円1250 円(切り上げ)
81~90 キロ15.3×85
(10円未満切り上げ)
1310 円104 円1414 円1420 円(切り上げ)
91~100 キロ15.3×95
(10円未満切り上げ)
1460 円116 円1576 円1580 円(切り上げ)
101~120 キロ15.3×110
(100円未満四捨五入)
1700 円136 円1836 円1840 円(切り上げ)
121~140 キロ15.3×130
(100円未満四捨五入)
2000 円160 円2160 円2160 円(切り上げ)
141~160 キロ15.3×150
(100円未満四捨五入)
2300 円184 円2484 円2490 円(切り上げ)
161~180 キロ15.3×170
(100円未満四捨五入)
2600 円208 円2808 円2810 円(切り上げ)
181~200 キロ15.3×190
(100円未満四捨五入)
2900 円232 円3132 円3140 円(切り上げ)
201~220 キロ15.3×210
(100円未満四捨五入)
3200 円256 円3456 円3460 円(切り上げ)
221~240 キロ15.3×230
(100円未満四捨五入)
3500 円280 円3780 円3780 円(切り上げ)
241~260 キロ15.3×250
(100円未満四捨五入)
3800 円304 円4104 円4110 円(切り上げ)
261~280 キロ15.3×270
(100円未満四捨五入)
4100 円328 円4428 円4430 円(切り上げ)
281~300 キロ15.3×290
(100円未満四捨五入)
4400 円352 円4752 円4760 円(切り上げ)
301~320 キロ15.3×300+12.15×10
(100円未満四捨五入)
4700 円376 円5076 円5080 円(切り上げ)
321~340 キロ15.3×300+12.15×30
(100円未満四捨五入)
5000 円400 円5400 円5400 円(切り上げ)
341~360 キロ15.3×300+12.15×50
(100円未満四捨五入)
5200 円416 円5616 円5620 円(切り上げ)
361~380 キロ15.3×300+12.15×70
(100円未満四捨五入)
5400 円432 円5832 円5840 円(切り上げ)
381~400 キロ15.3×300+12.15×90
(100円未満四捨五入)
5700 円456 円6156 円6160 円(切り上げ)

 上記のとおり、東京の電車特定区間のきっぷの運賃は、IC運賃を10円単位になるように切り上げたものとなります。 そのため「きっぷの運賃」の方が「IC運賃」より高くなるか同額となります。 なお特定区間の運賃比較は、東京の電車特定区間の比較表の該当運賃を準用することができますが、一部は特有の運賃となります。

表13:幹線の運賃計算比較表
営業キロ税抜き運賃計算税抜き消費税IC運賃きっぷの運賃
1~3 キロ特例134 円10 円144 円140 円(四捨五入)
4~6 キロ特例172 円13 円185 円190 円(四捨五入)
7~10 キロ特例181 円14 円195 円200 円(四捨五入)
11~15 キロ16.2×13
(10円未満切り上げ)
220 円17 円237 円240 円(四捨五入)
16~20 キロ16.2×18
(10円未満切り上げ)
300 円24 円324 円320 円(四捨五入)
21~25 キロ16.2×23
(10円未満切り上げ)
380 円30 円410 円410 円(四捨五入)
26~30 キロ16.2×28
(10円未満切り上げ)
460 円36 円496 円500 円(四捨五入)
31~35 キロ16.2×33
(10円未満切り上げ)
540 円43 円583 円580 円(四捨五入)
36~40 キロ16.2×38
(10円未満切り上げ)
620 円49 円669 円670 円(四捨五入)
41~45 キロ16.2×43
(10円未満切り上げ)
700 円56 円756 円760 円(四捨五入)
46~50 キロ16.2×48
(10円未満切り上げ)
780 円62 円842 円840 円(四捨五入)
51~60 キロ16.2×55
(10円未満切り上げ)
900 円72 円972 円970 円(四捨五入)
61~70 キロ16.2×65
(10円未満切り上げ)
1060 円84 円1144 円1140 円(四捨五入)
71~80 キロ16.2×75
(10円未満切り上げ)
1220 円97 円1317 円1320 円(四捨五入)
81~90 キロ16.2×85
(10円未満切り上げ)
1380 円110 円1490 円1490 円(四捨五入)
91~100 キロ16.2×95
(10円未満切り上げ)
1540 円123 円1663 円1660 円(四捨五入)
101~120 キロ16.2×110
(100円未満四捨五入)
1800 円144 円1944 円1940 円(四捨五入)
121~140 キロ16.2×130
(100円未満四捨五入)
2100 円168 円2268 円2270 円(四捨五入)
141~160 キロ16.2×150
(100円未満四捨五入)
2400 円192 円2592 円2590 円(四捨五入)
161~180 キロ16.2×170
(100円未満四捨五入)
2800 円224 円3024 円3020 円(四捨五入)
181~200 キロ16.2×190
(100円未満四捨五入)
3100 円248 円3348 円3350 円(四捨五入)
201~220 キロ16.2×210
(100円未満四捨五入)
3400 円272 円3672 円3670 円(四捨五入)
221~240 キロ16.2×230
(100円未満四捨五入)
3700 円296 円3996 円4000 円(四捨五入)
241~260 キロ16.2×250
(100円未満四捨五入)
4100 円328 円4428 円4430 円(四捨五入)
261~280 キロ16.2×270
(100円未満四捨五入)
4400 円352 円4752 円4750 円(四捨五入)
281~300 キロ16.2×290
(100円未満四捨五入)
4700 円376 円5076 円5080 円(四捨五入)
301~320 キロ16.2×300+12.85×10
(100円未満四捨五入)
5000 円400 円5400 円5400 円(四捨五入)
321~340 キロ16.2×300+12.85×30
(100円未満四捨五入)
5200 円416 円5616 円5620 円(四捨五入)
341~360 キロ16.2×300+12.85×50
(100円未満四捨五入)
5500 円440 円5940 円5940 円(四捨五入)
361~380 キロ16.2×300+12.85×70
(100円未満四捨五入)
5800 円464 円6264 円6260 円(四捨五入)
381~400 キロ16.2×300+12.85×90
(100円未満四捨五入)
6000 円480 円6480 円6480 円(四捨五入)
401~420 キロ16.2×300+12.85×110
(100円未満四捨五入)
6300 円504 円6804 円6800 円(四捨五入)
421~440 キロ16.2×300+12.85×130
(100円未満四捨五入)
6500 円520 円7020 円7020 円(四捨五入)
441~460 キロ16.2×300+12.85×150
(100円未満四捨五入)
6800 円544 円7344 円7340 円(四捨五入)
461~480 キロ16.2×300+12.85×170
(100円未満四捨五入)
7000 円560 円7560 円7560 円(四捨五入)
481~500 キロ16.2×300+12.85×190
(100円未満四捨五入)
7300 円584 円7884 円7880 円(四捨五入)
501~520 キロ16.2×300+12.85×210
(100円未満四捨五入)
7600 円608 円8208 円8210 円(四捨五入)
521~540 キロ16.2×300+12.85×230
(100円未満四捨五入)
7800 円624 円8424 円8420 円(四捨五入)

 上記のとおり、幹線のきっぷの運賃は、消費税で生じた端数を10円単位になるように四捨五入したものとなります。 そのため「きっぷの運賃」の方が「IC運賃」より安くなることがあります。 なお地方交通線の運賃比較は、幹線の比較表の該当運賃を準用することができますが、一部は特有の運賃となります。

表14:その他の運賃計算比較表(特定区間、地方交通線特有の運賃)
営業キロ税抜き運賃計算税抜き消費税IC運賃きっぷの運賃
特定区間特定区間の運賃267 円21 円288 円290 円(切り上げ)
特定区間特定区間の運賃315 円25 円340 円340 円(切り上げ)
特定区間特定区間の運賃439 円35 円474 円480 円(切り上げ)
地方交通線
7~10 キロ
特例191 円15 円206 円210 円(四捨五入)
地方交通線
92~100 キロ
17.8×96
(10円未満切り上げ)
1710 円136 円1846 円1850 円(四捨五入)

 その他の運賃は、上記の通りです。

「IC運賃」の導入で運賃は「適正」になったのか

 前項に記載のとおり、IC運賃は消費税で生じた1円単位の端数を四捨五入しませんので、従来よりもより細かく正確に反映されることとなりました。 しかし、運賃計算の基本的な考え方である「賃率 × キロ数 = 運賃」には、ほとんど近づいていません。 それは、上記の比較表でも確認できるとおり、消費税の端数を四捨五入する以前に税抜き運賃を計算する過程で「10円未満の切り上げ」や「100円未満の四捨五入」が行われており、数円どころか数十円の誤差が生じているためです。 「適正ではない税抜き運賃」に「適正な消費税」を反映しても、適正な運賃にはなりません。 IC運賃の適正化の対象はあくまで「消費税」であるため、JR東日本の主張に間違いはありませんが、根本的な部分は従来のままとなっています。